協力アーティスト

弊社A&Mの理念に賛同し、協力していただいているアーティストの方々です。
関西だけではなく、東京や全国各地でご活躍されております。
各アーティストへの出演依頼などにつきましては、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。


アーティストJHQ
ジャパン・ホルン・カルテット
アンサンブル
バイロイト音楽祭でも演奏経験がある、世界が認めたホルニスト山岸博が日本の第一線のオーケストラで活躍するホルンプレーヤーと共に1999年に結成した。
現在
山岸博(読売日本交響楽団)、久永重明(読売日本交響楽団)
西條貴人(東京都交響楽団)、上間善之(東京交響楽団)
勝俣泰(NHK交響楽団)の5名で精力的に活動中。
詳細はコチラ

アーティストKao
カオ
ヴァイオリン

国立音楽大学卒業。東京芸術大学大学院室内楽科修了。 1989年に武岡賞を受賞。第59回読売新聞社主催の新人演奏会に出演。
第4回日本モーツアルト音楽コンクール第1位入賞、洗足学園前田賞金賞を受賞。 1991年にはNHK洋楽オーディションに合格、翌年のNHK-FM土曜リサイタルに出演。 第1回ウィーン国際音楽コンクールにて特別賞、および ジャン・フレデリック・ペルヌー賞を受賞。 ラジオ・フランス・フィルハーモニック・オーケストラのメンバーと室内楽で共演(パリ)、また、ポーランドでは フィルハーモニック・オルシュティンとモーツァルトの協奏曲で共演した(オルシュティン)他、日本でも室内楽、あるいはソリストとして各地でコンサートを行っている。 「ムジクケラー」(弦・管・打の様々な組み合わせによる室内アンサンブル)での活動を経て現在、「イリス弦楽四重奏団」のメンバーとしても活動中。
1991年より劇団四季や東宝、東京宝塚など国内の数々のミュージカル作品、オペレッタ作品などでコンサートマスターを務める。2001年3月世界的なコンテンポラリーダンサー:伊藤キム氏の演出により、外人ダンサーたちとの<ダンスと音楽のコラボレーション>作品「Close the door, open your mouth」により自らもバッハの無伴奏ソナタの一部を演奏しながら踊りに加わり、その舞台は「21世紀の、新たな意味での舞台総合芸術」と各新聞などで絶賛された。
宮崎監督のアニメーション映画「耳をすませば」では、劇中の“ 聖司”役のヴァイオリン演奏に関してその演奏に関する動きのモデルと音楽演奏を担当する。
TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』にゲストでトーク出演した他、FM多摩、川崎FMなどにも出演。 沖縄:瑞泉酒造の泡盛のCMに出演。
詳細はコチラ

アーティストLino Coconuts
リノ・ココナッツ
アンサンブル

樋上裕子(フルート)、樋上千聡(ピアノ)によるデュオ・ユニット。 “Lino”はハワイ語で「輝く」の意味。ハワイの陽射しや海の輝きのように 身も心もほっこり、ゆったりできる感覚を音楽に求め、活動を始める。ボサノヴァ、ハワイアン、ラテン、ジャズからポップス、クラシック、日本の歌まで幅広い世界の名曲をレパートリーに持ち、[美しいメロディー+ジャズ風のハーモニー+南国のリズム=大人のリゾート・ラウンジ・ミュージック]を基本コンセプトに、オリジナル・アレンジで演奏。 パーティーやイベント、教育施設などでの依頼演奏なども行っている。
また、ガットギター、スチールギター、ウクレレなどを多用し、ボサノヴァとハワイアンのスパイスを濃く効かせ、より一層、南国ムードたっぷりのサウンドを創りあげている。
The Bossanowaiiansは、様々なジャンルから選りすぐりのミュージシャンを集めたリノ・ココナッツを支えるSuper Special Supportersで、コンサート、ライブでのレギュラーメンバーである。
詳細はコチラ

プラン紹介  チラシ  新着情報  演奏会風景  派遣演奏家募集  前田恵実ブログ  ジャパンホルンカルテット  スタッフブログ